●TOPページ    ●プロフィール    ●書籍・ニュース

    ●出演番組・舞台・講演

●ブログ     ●Wikipedia     ●日本達磨塾



(新)ブログ「シャブ屋の懺悔」木佐貫真照

覚醒剤の恐ろしさを知り尽くした人生を ふりかえり、
その更生に挑む

https://ameblo.jp/kisanuki-masaaki/



2019年6月~(準備中)



(旧)ブログ「シャブ屋の懺悔」木佐貫真照

覚醒剤の恐ろしさを知り尽くした人生を ふりかえり、
その更生に挑む

http://syabu.seesaa.net/


2014年8月~2016年8月

経歴(2)
本(6)
覚醒剤(17)
刑務所(14)
ダルマ塾(7)
日記(170)


「自分をわかる。」木佐貫真照


悪い事をしようと云う物達は、いかに他人を騙すか
と、日夜頭を動かしている。
他人を騙す事を考える努力?
それをいい方に使えばいいのに何故そう考えるか?

私は思う。そんな嫌な方に進まず、自然に生きていれば
必ず他人はそんな自分を見てくれている。
良くも悪くも人生には必ず結果が出るといっても
過言ではない。

良い生き方をしている者はいい結果が待っており
悪い生き方をしていると、当然悪い方にでる。

私が現在生きているのは何かしらの結果だろう。
それを素直に受け止めている。
まだ、生きて何かやらなければならない
役目があるのだろう。

人は他人の目を気にして生きているもの。
そんな時自分を理解していれば、
今の自分がどういう立ち位置なのか
自然と感じるものがある。

私は自分という者が今一体どういう立場なのか
わかっているつもりだ。





「感動」木佐貫真照


昨日コメントにて、素晴らしい言葉をもらった。
それがこの言葉だ。


お金が無いから身体を張り汗を流し

信用が無いから時間と金銭の約束を守り

根性が無いから逃げ道をふさぎ前だけを向き進む

今は何も無い事を最高の武器として闘う



今の自分にこれ以上の言葉はない。
今まさにこれを実践し、苦しいながらも
そんな生活を楽しもうとしている。

時に迷いが出る事や辛く感じる事もあったが、
そんな時には周りの人に支えられ何とかここまできた。

それが間違っていなかったのだと
この言葉に本当に勇気付けられた。

ありがとう。

そして、こうやって応援してくれる人達が
いるからこそ、力をもらい
自分を信じて、前をむいていける。

この先、今度は自分が世間に恩返しをする番だ。





「麻薬捜査取締官」木佐貫真照


先日某テレビ局で麻薬捜査取締官の活躍を
報じていたが、何時の時代も麻薬、覚醒剤事件が
後を絶たない!改めて思う。

関東地方では厚生省麻薬捜査取締官を
「マトリ」といい関西では「近麻」と呼ぶ。
確かに大阪でも連日だれそれがシャブで逮捕された等々
噂を聞く。

シャブ事犯でまって、懲役3~5年の刑期で刑務所に
服役しても、出所してわずか1年程度で又、
同じシャブ事犯で捕まり塀の中に戻って行く者を知ると
何と愚かな奴やと哀しくなる。

そういう私も昔はあの者達のように、愚かにも同じ事を
繰り返していたと反省する。

塀の中で暮らした者、誰もが同じだが
社会に出ても稼ぎもないし、手っ取り早い稼ぎをと思い
又それに手をだすという行動をしての結果だろう。

最初にひと踏ん張りして、社会の楽しさ、喜びを
知ってしまえばいいのだろうが・・・

中々そこまで辛抱出来るものが少ないのが現実だ。








Copyright © 2019  *Kisanuki-Masaaki*  All rights reserved.